ルフィーナ 副作用

ルフィーナに副作用はあるのか?

ルフィーナ,副作用

 

 

背中ニキビを治そうと思ったら悪化した!

 

そんなことになったら目もあてられませんよね。

 

ルフィーナの安全性や副作用について調べてみました。

 

 

ルフィーナは安全なの?

 

その答えは「わかりません!」

 

別にふざけて言っているわけではないんです。
いい加減なことを言いたくないから、正直に「わかりません」と答えました。

 

ただ誤解してほしくないのですが、ルフィーナに危険な成分が入っているという意味ではないです。

 

体質は人により千差万別のため軽々しく答えられないのです。

 

例えばアレルギーの話をしますが、花粉症の人にとって花粉は害のある物質ですが、症状が出ない人もたくさんいます。
そばアレルギーの人にとっては、そばは副作用のある食べ物になってしまうわけです。
極端な話、水アレルギーっていう人もいるみたいですし…。

 

なので一概に副作用がないとは言い切れません。
大切なのは自分の肌に合うかを事前に確かめることです。

 

念を入れるならパッチテストをしてから

 

ルフィーナ,副作用

  1. 入浴後など清潔な状態の二の腕の内側に少量のルフィーナを塗る
  2. 24時間様子を見て、腫れやかゆみ、赤みやかぶれがないかを確認する

画像では30分になっていますが、24時間様子を見た方が安全です。

 

パッチテスト自体は簡単なので問題はないと思います。
実際にパッチテストを行う人は少ないと思いますが、敏感肌や肌が弱いと自覚している人はやっておいた方が無難です。

 

 

ルフィーナに危険な成分はなし!

 

そしてルフィーナの全成分がこちら

有効成分

水溶性プラセンタエキス・グリチルリチン酸ジカリウム

 

その他の成分

天然ビタミンE・セイヨウナシ果汁発酵液・カモミラエキス(1)・ 酵母多糖体末・加水分解コラーゲン末・加水分解ヒアルロン酸・シロキクラゲ多糖体・ゲットウ葉エキス・スターフルーツ葉エキス・テンニンカ果実エキス・アマチャヅルエキス・カルボキシビニルポリマー・1,3-ブチレングリコール・キサンタンガム・ポリアクリル酸ナトリウム・濃グリセリン・1,2-ペンタンジオール・トレハロース・トリメチルグリシン・水酸化カリウム・2-エチルヘキサン酸セチル・メチルポリシロキサン・モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)・パルミチン酸レチノール・トウモロコシ油・10-ヒドロキシデカン酸BG・グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体・水素添加大豆リン脂質・ホップ末・トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル・油溶性甘草エキス(2)・ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液・ホエイ(2)・ラクトフェリン液・フェノキシエタノール・無水エタノール・香料・精製水

 

ルフィーナの成分にはシロキクラゲやアマチャヅルなど珍しいものが含まれていますが、毒性があったりするものはないので安心してください。

 

有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムもニキビケア用品には良く使われますし、水溶性プラセンタエキスも美白美容液などの化粧品によく使われています。

 

また国内で生産されているのも安心できるポイントです。

 

むしろ敏感肌の人を考えて以下の成分を排除しているくらいです。

  • 合成着色料
  • 合成香料
  • 鉱物油
  • パラベン
  • 紫外線吸収剤

 

ただ1点気になるのは無水エタノールですかね。
アルコールのことですが、成分の劣化を防ぐメリットがあると同時に、中には肌が荒れる人もいます。

 

注射する前にアルコールでかぶれたことありますか?って聞かれたことありませんか?

 

アルコールを含有するメリットもデメリットもあるので難しいところですが、過去にアルコールでかぶれたことがある人は注意した方がいいでしょう。

 

ルフィーナで副作用がでたという口コミはなし

 

最後にルフィーナの口コミをたくさん調べてみましたが、副作用が出たという人を見たことがありません。
もちろん使った全員が口コミを書くわけではないのですが、一つも見かけないというのは安心材料ですね。

 

軽々と絶対に肌荒れを起こさないとは断言できませんが、ルフィーナを使って副作用が生じるリスクは、成分を見ても口コミを見てもかなり低いでしょう。