背中ニキビ 漢方薬

漢方薬で背中ニキビを体の中からケアしよう

 

私たちが普段飲むお薬は西洋医学を元にした成分がハッキリとしているものです。
原因がハッキリしていれば薬でピンポイントで治すのが効果的ですが、体質由来の原因がハッキリしない症状には漢方薬を使う方が良い場合もあります。

 

東洋医学の漢方薬を使うことで体質改善を期待できるからです。

 

ここではニキビに効果がある一般的な漢方薬をご紹介したいと思います。

 

ニキビに効果がある漢方薬

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

ホルモンバランスの乱れによるニキビに有効です。
生理痛の症状が酷い方や、生理によってニキビができやすい方にオススメです。

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

生理不順を改善するのに有効です。
血行促進や利尿作用があり、水分を排出し、冷え性の緩和も期待できます。
また便秘にも効果があると言われています。

 

加味逍遥散(かみしょうようさん)

自律神経を調整する効果があります。
ストレスでニキビができたりイライラしやすい方にオススメです。

 

温経湯(うんけいとう)

ニキビだけでなくサメ肌にも効果があると言われています。

 

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

化膿しやすいタイプのニキビに有効です。
炎症や痛みをともなう赤ニキビに使えます。

 

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

血行をの改善が期待できます。
炎症をともなうニキビや発疹に有効です。
鼻炎の治療にも使われます。

 

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

皮脂の分泌が過剰な人に向いています。
思春期ニキビに悩む方にはオススメです。

 

十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)

疲労倦怠感のある人にオススメです。
冷え性や食欲不振、貧血の改善も期待でき、肌荒れにも効果があります。

 

漢方薬のメリット・デメリット

 

メリットは副作用が少ないという点です。
逆に言えば、効果が薄いということになりますが、ある程度の時間をかけて体質を改善していくことを目的としています。
またニキビだけでなく、ホルモンバランスが整うことで美肌になったりその他の体調不良もついでに良くなる可能性もあるのです。

 

デメリットは即効性がなかったり、飲みにくさがあることです。

 

長い歴史の中で積み重ねられてきたデータなので、漢方薬にも効果があります。
治療の第一選択としてはオススメしませんが、補助的につかうのでしたら、おおいに役立つでしょう。

 

病院で処方してもらうと保険適用にもなり安く購入できますよ♪