ルフィーナ 成分

ルフィーナの配合成分を徹底解説します

ルフィーナ,成分

 

ルフィーナで背中ニキビが治るの?

 

購入前は効果があるのか不安ですよね。

 

そこでルフィーナに配合されている成分を調べてみました。
ニキビに有効な成分は含まれているのでしょうか?

 

 

ルフィーナに含まれる2つの有効成分

 

ルフィーナ,成分

 

グリチルリチン酸ジカリウム

 

ニキビケア商品によく含まれている成分です。
漢方の原料として使われる甘草という生薬から抽出される成分で、グリチルリチン酸2kとも呼ばれます。

 

抗炎症作用があり喉や胃などの炎症を抑える薬にも使われています。

 

皮脂が毛穴に詰ると白いニキビとなります。
この状態が続きアクネ菌が繁殖すると赤く炎症を起こし、いわゆる赤ニキビになります。
赤ニキビになると痛みをともなうようになり、治りが悪いと色素沈着やニキビ跡にまで発展するため注意が必要です。

 

グリチルリチン酸ジカリウムには、この炎症を沈静化したり予防する効果があります。

 

 

水溶性プラセンタ

 

プラセンタとは「胎盤」を意味し、たんぱく質やアミノ酸などの栄養素が豊富に含まれています。
プラセンタは細胞を活性化し新陳代謝を促します。
古い角質を落とし肌を新しく生まれ変わらせるため、色素沈着などの赤みを薄くしていく効果が期待できます。
また新しく肌がつくられるため、色が白くなる美白効果も期待できます。

 

また抗酸化作用もあり、老化の原因である活性酸素の除去をするためアンチエイジング効果も望めます。

 

水溶性プラセンタには、ニキビの赤みを薄くし肌を整えていく効果が期待できます。

 

 

ルフィーナで徹底的な保湿ケアをしよう

 

ルフィーナ,成分

 

上記の2つの有効成分のほかにも保湿をするための成分がタップリ含まれています。
乾燥すると肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌するようになりニキビの原因となります。
そのため、ニキビを予防するには肌をしっかりと保湿することが重要です。

 

 

シロキクラゲ多糖体

 

ルフィーナ,成分

 

シロキクラゲとは名前のとおり、キクラゲの白い色をしたキノコです。
シロキクラゲ多糖体はシロキクラゲから抽出された成分ですが、ヒアルロン酸を超える保水力を持っています。
天然由来の成分で、シロキクラゲ1kgからシロキクラゲ多糖体は5gほどしか抽出できません。
そのため希少で高価な成分といわれています。

 

シロキクラゲ多糖体の高い保水力が肌表面を覆い、外部からのダメージを防ぎながら乾燥を防ぎます。

 

 

低分子コラーゲン

 

ルフィーナ,成分

 

従来のコラーゲンは大きさがあるため肌に浸透しませんでした。
これを小さく(低分子化)することで角質層まで浸透させ、肌の水分量を増やします。
乾燥した肌にふっくらプリプリとした潤いをあたえます。
また水分を含んだ肌は透明感のあるみずみずしい見た目となります。

 

 

ルフィーナを支える6つの成分

 

ルフィーナ,成分

 

そのほかに植物由来のつぎの6種類の成分が含まれています。

  • ヒアルロン酸
  • カモミラ
  • 月桃葉
  • スターフルーツ
  • テンニンカ果実
  • アマチャヅル

 

これらで保湿を中心に、エイジングケア、はり、美肌、肌を整える効果が期待できます。

 

 

ルフィーナは敏感肌を考えた優しい設計

 

ルフィーナ,成分

 

そしてルフィーナは国内工場で生産されていることにも注目です。
やはり国内産の方が安心感がありますよね。

 

ルフィーナはデリケートな敏感肌でも使えるように工夫されています。
肌への刺激を抑えるために、つぎの成分は含まれていません。

  • 合成着色料
  • 合成香料
  • 鉱物油
  • パラベン
  • 紫外線吸収剤

 

肌に優しい成分のため、背中以外にも次のような全身に使えます。

  • デコルテ
  • 二の腕
  • お尻
  • ビキニライン
  • ひざ
  • ひじ

 

 

ぜひルフィーナを使って、あなたのニキビ肌の改善に取り組んでください。

 

⇒ルフィーナの悪い口コミも大暴露!私の【3ヶ月体験談】はこちら